私たちが考える「三方良し」

例えば、経営者向けプラットフォームで行われる業績向上のための施策としてBtoCのビジネスを新規展開した結果、業績回復に加え個人のパラレルキャリアが促進されたり、飲食店向けの集客サポートにつながる、というように、3つのプラットフォームをひとつと数えることで相乗効果が生まれます。これが私たちが掲げる「三方良し」の理念です。

飲食店と企業と個人ユーザーの三位一体

ちかごろ世間で日本歴史の科学的研究ということがしきりに叫ばれている。科学的研究というのが近代史学の学問的方法による研究という意義であるならば、これは史学の学徒の間においては一般に行われていることであるから、今さらこと新しくいう。

さまざまな立ち位置での関わり方

どのプラットフォームにどのような立ち位置で入ってきてもプラスになれるように、Cure Nextでは売り手・買い手・つなぎ手という役割での三方良しの考え方も大切にしています。

Cure Nextのサービスの相乗効果

今の生活・仕事の質をより良くするサービスとの出会い
代理店プロジェクトに参画することで賢くお得に生活する術を身につけたり、 イベント事業での関わりからは出会いや刺激を受け、生きがいや楽しみを得ることができます。

自らの新たな可能性を見出せる
今までの生活にない人脈・コネクションを得られることでよりよい気づき・可能性を得られます。

ビジネスのスケール拡大に対するメリット
見込み客と組織という囲いの中で出会うことができるほか、一般会員が副業として代理店事業を行うことにより、 パラレルキャリアやサブのキャッシュポイントを作ることができ、商材に対する考え方もまた変わります。このように一般会員が新規事業に触れることで、積極的に新たなチャレンジをする環境が生まれることも特徴です。